キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

はじめまして、上田です。

「水商売と金融業は、一度足を踏み入れると、その業種を渡り歩く」
と言われていることご存知でしょうか?

ホステスさんが長く1つのお店に留まらずに、色んなお店に移る傾向があることは知っていても、金融業に勤めた人間にも同じ現象が起こっていることはあまり知られていないかも知れません。

けれど実際に私、上田和枝が勤めていた㈱近代商事というキャッシング会社の支店長は、他の金融会社から㈱近代商事に移った後で、また違う金融会社へ入りました。また支店長代理は他のキャッシング会社から㈱近代商事に移った人でした。そして私自身も㈱近代商事を退職後、法人対象の㈱商工ファンドに勤めました。

なぜ水商売と金融業は渡り歩くことになるのでしょう?それは単に収入だけの問題ではなく、水商売と金融業には独自のノウハウがあるからです。せっかく身につけたノウハウを無駄にしたくないという思いが、同じ業種に就きたいという思いを抱かせるのです

私は㈱近代商事で、営業、申し込み受付、審査、顧客保全、(顧客が不良債権にならないようケアすること)回収、その他事務作業を行い、㈱商工ファンドでは事務員という立場で貸金業の実態を見聞しました。そこで得た知識、賢くキャッシングを利用するためのノウハウを、この場をお借りして皆さんにお伝えしたいと思います

とはいえ㈱近代商事在籍中に2度ほど他支店へ応援に駆けつけたこともあるとはいえ、入社前は皆さんと同じく、右も左も分かりませんでした。

そもそも就職情報誌で、よく分からないけれどカタカナの仕事をしているらしい会社が、事務員の募集をしているのを目に留めて、事務員の経験はあるし自宅から通える距離だから、面接を受けてみようかなあという軽い気持ちで、キャッシングの会社だということも知らずに出かけて行ったくらいですから、ひょっとしたらこのページをお読みの方よりも、物知らずだったのかも知れません。

でもだからこそ、キャッシングに対しての知識が皆無の方にも、その頃の気持ちを思い出して、分かりやすくご説明したいと考えています。よろしくお願い致します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.