キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

店頭での申し込み

初めてキャッシング会社を利用する時は、緊張する人がほとんどだと思います。キャッシングへの抵抗感から借り入れを人に知られることを恐れ、それを恐れるあまりに対面窓口に対しても抵抗感を持つ人が少なくありません。

けれど初めてであればこそ、お勧めしたいのが店頭での申し込みです。理由の1つは、店頭でなら分からないことを気軽にどんどん聞けるからです。自動契約機やネットでの申し込みなら、相手の視線は気になりませんが、その分聞きたいことを聞きたいタイミングで聞くことが難しく、また慣れない操作に頭を悩ませる心配もありますが、店頭ならそれがありません。初心者なら是非、店頭申し込みをお勧めします。

もう1つは、キャッシング会社が信用貸しという形態を取っている点も、店頭申し込みをお勧めする理由です。何をもって相手を信用するかといった判断基準は色々ありますが、しかしキャッシング会社の側に立てば、対面した相手と対面しなかった相手では、やはり向こうも人間ですから、対面した相手の方をより信用するという心理が働くのです

とはいえやみくもに店頭に行けば良いというものではありません。例えば店頭申し込みを受け付けていないキャッシング会社に、会社の住所を調べて押しかけるといったやり方は少々常軌を逸していますので、むしろマイナスになります。

あと行く時の服装にも注意が必要です。これは極端な例ですが、5月下旬にもなって毛皮のコートを身にまとって店頭に現れた女性が貸付を断られたことがあります。その女性は相当な冷え性だったのかも知れませんが、しかしいくら寒がりでも5月には5月にふさわしい防寒対策といったものがあります。とりたてて地味に装う必要はありませんが、相手に信頼感を抱かせるような清潔感のある服装が望ましいです。

ただいくら店頭の方が信用されやすいとはいっても、条件によっては借り入れができない場合があります。その場合はわざわざ店頭へ行った労力を考えると徒労感が際立ち、デメリットは大きいと言えます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.