キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ネットでの申し込み

24時間365日思い立った時に申し込みができるのがネット申し込みの利点ですが、一口にネット申し込みと言っても、その後の流れはキャッシング会社によって違いがあります。また会社によってはネット申込者が色々なパターンを選べるよう設定している所もあります。ここではネット申し込みを受け付けている会社を例にとって説明したいと思います。

まずアコムですが、ここではネットで申し込みをした後、身分証明書を持って最寄りの自動契約機へ向かえば時間の短縮になるとして、ネット申し込みを推進しています。確かに申し込みから審査結果が出るまでは、少なく見積もっても30分程度かかりますので、その時間をキャッシング会社の店舗で過ごすのなら、自宅から自動契約機のある店舗までの移動時間に当てた方が、時間的な効率は良いと言えます。

それと対照的にアイフルでは、ネットで申し込んだ顧客に来店を促すことはせず、審査結果の連絡も本人への電話で済ませ、身分証明書もFAXか郵送で良いとしています。郵送の場合は借り入れまで数日かかりますが、速やかにFAXしその後14時10分までにネット上で手続きを行えば、当日中に指定口座に借り入れ金額が振り込まれます。

近所に店舗や自動契約機が無い場合や、借り入れのために自宅を出たくない場合は便利な方法と言えます。ただ急ぎで借り入れをしたいのにFAXを持っていない場合は、不向きな方法でしょう。

またDCキャッシュワンでは、A.急ぎで結果を知りたい人、B.申し込みのみネットを使いたい人、C.ネットで全てを完結したい人の3タイプに分けてネット申し込みを受け付けています。

まずAについてですが、これはDCキャッシュワンでは「3秒審査」と呼んでいます。実際には3秒で審査が完結するということはないので、一次審査の結果が素早く分かるという意味だと理解して下さい。この「3秒審査」は申し込みフォームから最低限の内容のみ入力すれば、電話で結果が知らされるという仕組みです。

この方法の利点は、審査が断られる場合は、余計なことを聞かれずにすぐに断ってもらえるということです。ただし必要最低限のみ入力した一次審査が通過したからといって、その後詳しい審査が行われれば改めて断られる可能性もあります。最終的な借り入れまでの時間は、他の方法と比べて劇的に早いということはないでしょう。

そしてBの方法ですが、その後窓口で出向くのがスピーディーとのことですから、アコムのパターンと同様だと考えられます。ただしアコムとの相違点は、カードや書類を郵送で送ってもらうことや、書類をダウンロードするという方法があることです。

最後のCの方法では、全てをネットで済ませることが可能なようですが、確認のための電話はかかってくるようです。
全般的に、ネット申し込みの場合でもキャッシング会社から確認の電話はあるようですから、もし従業員との会話が苦手でネット申し込みを考えている場合は、ネットではなくむしろ自動契約機を使った方が良いかも知れません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.