キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

審査Point(3)職業

法人・事業者向けのキャッシング会社は、法人・事業者を個人客よりも信用して低めの金利で貸付を行っていますが、全てのキャッシング会社が法人・事業者を信用しているとは限りません。

そもそも法人・事業者は、キャッシング会社より金利の低い銀行などの金融会社から融資を受けるケースが高いため、それにも関わらずキャッシング会社に申し込んでくるということは、銀行に断られたか、あるいは銀行での融資枠いっぱいに借り入れをしている可能性も考えられるため、その点を懸念するキャッシング会社も多くあります。

そういったキャッシング会社では、大手企業の正社員を最も信用して、与信枠を高く設けます。大手企業は基本的に待遇が良いために、転職などで申込者の状況が変化する可能性が低い上に給与も高く、返済が滞りなく行われるケースが高いからです。

また大手企業の業績の変動は情報が入りやすいため、状況の変化をつかみやすいという利点があります。加えて大手企業の正社員は、その後仮に転職したとしても待遇の良い企業に再就職する可能性が高いため、その点が評価されます。

勤務年数は長ければ長い程評価されますが、年齢が高い場合は定年間際ということになり状況の変化が考えられますから、それを見越した与信枠ということになります。

大手企業の社員が評価されることから、その妻も同等に評価するキャッシング会社もあります。専業主婦は無収入のために全く評価しないキャッシング会社もあるのですが、大手企業勤めの夫に借り入れが無い場合、あるいはあったとしても借り入れ額が少ない場合は、夫に貸したものと同等に見なして、貸付を行うキャッシング会社もあります。

独身で無収入の人間に貸付をするキャッシング会社はまずありませんが、夫が信頼のおける職業の上にある程度の収入があれば、妻が無職であっても夫への信用を妻への信用と置き換えるキャッシング会社がある点は、なかなか興味深いところです。

ただ専業主婦がキャッシングをする場合は夫に秘密であるケースが多いため、秘密を守るためには滞りなく返済を行う必要が生じるので、その辺りの事情も、一部のキャッシング会社が、専業主婦に貸付を行う理由の1つです

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.