キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

審査Point(6)人柄

自動契約機やネットからの申し込みの場合は、あまり人柄を知られる機会が無いため、人柄は審査にさほど影響しませんが、店頭申し込みや電話申し込みの場合などは、人柄が審査の行方を左右します。それはキャッシング会社が、申込者に対して無担保無保証の信用貸しをしているからです。

どんな相手を信用するかは、収入や職業など色々な要素がありますが、しかしどれ程収入がありどれだけ立派な企業に勤めていたとしても、もし申込者に返済の意思が全く無ければ返済は実行されないわけですから、その意味では、人柄はかなり重要な要素です。

また人柄の悪そうな人間が申告した本人情報は、そもそも信用できませんから、実は人柄こそが、最も重要なポイントと言えるかも知れません。だからこそ最も人柄を観察しやすい店頭申し込みが、一番与信枠も出やすいのです

ただ人柄が如実に表れやすい店頭申し込みや電話申し込みは、残念ながら申込者の悪い人柄もあらわにしやすいものでもあります。人柄があまり優れていない場合は、店頭申し込みや電話申し込みをすることによって、与信を下げられるか、あるいは貸付自体を断られるでしょう。

ではキャッシング会社の考える人柄の良い人間とは、どういった人間でしょうか。それは当然のことながら、信用のできそうな人間、約束ごとを守りそうな誠実そうな人間のことです。ではどういった人間が信用のできそうな人間と見なされるのでしょうか。それは1つ1つの受け答えを真面目にきちんとできる人間です

たとえば小さなことのようですが、職業を問われると「専業主婦で」と返し、他社の借り入れ金額を問われると、「とりあえず2件の50万で」などといった返答をする人がいますが、それでは書類上は一応そういうことにしておいて下さいといったニュアンスが感じられ、好印象を与えません。

そういう人は、実は人に知られては困るような仕事をしているから一応専業主婦という登録にしておいて欲しいということではないだろうかとか、もっと借入金があるのではないだろうかなどと勘繰られ、結果的に裏が取れたとしても、審査が長引いて待たされてしまうなどのデメリットを受ける羽目になります。

人柄の良さというものは、子供の頃に教わった「相手の気持ちを考えられる人になりましょう」という言葉に集約できます。

このような物言いをしたら相手がどう感じるかという常識的な想像力さえあれば、良い人柄だと判断してもらえるものですし、そもそもそういった常識的な想像力に、付け焼刃はききません。常日頃から、実際に相手の気持ちを考える習慣を持っている真に人柄の良い人が、結果的にキャッシング会社にも良い人柄だと判断されます。ただしどれだけ人柄が優れていても、返済能力が無いと判断されれば、与信は出ません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.