キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

良い業者を見抜く

ここで言う良い業者とは、長い目で見た場合の良い業者を指します。決して一時の感情や偏った知識で、業者の良し悪しを判断してはいけません。

たとえばお金を借りたいと思っている人にとっては、貸してくれる業者が良い業者で、貸してくれない業者は悪い業者に思えるかも知れません。けれど業者が貸付を断るのは、必ずしも自分たちだけの利益を考えているからではありません。返済能力が無さそうだと判断した人を断るのは、その人を多重債務者や金融事故者にしないための、業者の思いやりでもあるのです。(金融事故に関しては、他のページに説明をゆずります)

では何故良い業者は、アカの他人である申込者に思いやりを示すのでしょう?それは無理な貸付によって多重債務者や金融事故者が多発しては、キャッシング業界自体のイメージが悪くなるからです。

「情けは人のためならず」という諺からも分かるように、アカの他人である申込者に思いやりを示すことによって、世の中から多重債務者や金融事故者が減れば、キャッシング業界のイメージも良くなりますから、結果的に人にかけた情けが自分の元へ福をもたらすのだと良い業者は考えるのです。

ですからもし業者から貸付を断られた場合は、
「あなたは今は、キャッシング以外の方法でやりくりをして、いずれ信用度を上げてからキャッシング利用した方が、後々のためですよ」
という業者からのメッセージを受けたのだと考える必要があります。

とはいえキャッシング会社は、「貸し倒れ」と呼ばれる貸したお金を回収できなくなる状態を避けるために、なるべく大勢に小額貸付を行うことを目的としていますから、貸付を断られたとしても、ただ単に、その会社の借入限度額がいっぱいだからという可能性もあります。

その場合は、他社に申し込めば融資を受けられる可能性がありますが、大抵の場合、2社目の審査は1社目より短い時間で済みます。すると多くの利用者は、審査の短い2社目の会社を1社目より良い会社だと思いがちですが、それは誤解です。何故なら大抵のキャッシング会社は、よそで1、2社程借り入れがある申込者よりも、借り入れ実績の無い申込者の方を、念を入れて調査するからです。

というのも、他社が貸付をした形跡のある申込者は他社が信用した人間ですが、キャッシングが初めての人間は、まだどの会社にも信用された実績が無いために、詳しく調査する必要があるのです

以上のことから、良い業者というものは、多角的な視野で検討して見抜かなければならないと言えますが、1個人がそれを行うのはとても難しいことです。とはいえキャッシングを利用していく内に少しずつ勉強していくことも可能ですが、初心者はとりあえず、金利の低い業者に良い業者が多いという基本から、スタートすれば良いかと思います。
そして良いと思われる業者との付き合いが始まったなら、その付き合いを良いものにするために、約束事は守るという基本を忘れないことが大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.