キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

借り過ぎない

たとえば自分は10万円キャッシングしようと思っていたのに、与信は50万円出たとします。与信、すなわち借入限度額は、キャッシング会社が
「この人は、この金額なら返済できるだろう」
と判断した信用枠ですから、人によっては信用されたことが嬉しくて、つい50万円キャッシングしてしまう場合があります。

けれど金利は借りた金額、つまりは元金に応じて課せられますから、元金が高ければ高い程、払わなければならない金利も増えますし、返済期間も長引きますから、これは賢明な方法ではありません。そもそも無金利の場合であっても、借入金が高ければ高い程、返済が困難になるのは当然ですから、与信枠がいくら出ようと、必要な額だけ借りた方が得策です。

しかし一部のキャッシング会社には、
「与信枠いっぱい借り入れをした方が、信用情報的に得になる」
などと、言葉巧みに限度額いっぱい借りさせようとする所もあります。

確かにキャッシング会社の出した与信は信用情報に載りませんが、貸付した額は信用情報に載るため、もし50万円なら50万円の与信枠いっぱいの借り入れをした場合は、この人は他社から50万円の信用枠をもらった人だと判断されますが、しかしそれが信用情報的に得かというと、必ずしもそうは言い切れません。

そもそも他社での借り入れ状況というものは、申込者が借り過ぎていないか、延滞をしていないか、金融事故を起こしていないかを見るために調べるのが主な目的ですから、1社から多額の与信を与えられていることが分かったところで、審査にそうは影響を及ぼしません

しかし過去に、1社に与えられた多額の与信枠からなる貸付を完済した実績があれば、この人は、多額の信用枠を与えられた上に完済した実績があると評価されますが、しかしそこまでして信用情報を良くしようとする必要性は、あまりありません。

むしろ不必要な額を借り入れることによって延滞や金融事故を起こしてしまっては、信用情報が台無しになってしまいますから、信用情報を大切に思うのであれば、必要最低限の借入額を、滞りなく返済することの方が大切です

また業者によっては姉妹会社を紹介し
「姉妹会社だから、審査が簡単に済む」
などと言って契約を勧める所もありますが、これにも注意が必要です。審査が簡単なのは申込者には魅力的に感じられますが、しかし審査を受けるわずらわしさよりも、多くの返済金を捻出する労力の方がわずらわしいものであることを忘れてはなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.