キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

自転車操業をしない

キャッシングの返済額をつくるために他社からキャッシングをして返済に充てることを、「自転車操業」と言います。それは決して止まれず、こぎ続けなければならない、こぐのを止めたら転んでしまうことから、そう呼ばれています。

自転車操業のきっかけは、大抵はささいなことです。今月はたまたま収入が少なかったとか、臨時の支出があったとか、そんな理由で返済日に返済額が捻出できなかった人が、気軽な気持ちで、返済金をつくるために他社でキャッシングをすることから始まります。

その時は、とりあえず返済ができてホッとするのですが、翌月からは返済先が1社増えてしまうわけです。しかも借りた金額、元金だけでなく、金利分の支払いが必要になるのです。

それでもしばらくは何とか返済をしていても、返済先と金利が増えた分、生活は苦しくなるわけですから、その内にまた返済額が捻出できなくなる可能性は非常に高いです。その時、以前他社からの借り入れにより返済を行ったことのある人は、今、目の前の返済を何とかするために、またさらに返済のための借り入れをしがちです。

すると確かに、目先の返済は解決できますが、翌月はもっと返済に苦労することになります。そうすると返済のためにさらに借り入れをするのですが、その頃には、金利の低い良心的な業者はまず貸付を断るようになりますから、段々と高金利の業者から借り入れをすることになります。そしてそんなことを繰り返している内に、あっという間に多重債務者になってしまうのです。

それはいくら毎月返済をしていても、それを上回る借り入れをすることにより、払わねばならない金利がどんどんと増えているからです。けれど返済に追われ自転車操業に陥ってしまった人は、なかなかその事実に気付かず、こんなに毎月返済をしているのに、どうして借金が増えていくのだろう?と首を傾げているケースが多いのです。

借金というものは、自分の収入によって返済して初めて減るものであって、借りたお金で返済しても、減るどころかむしろ増える一方だということが、転ばないために走り続けている人には分からなくなってしまうのです。

そんな事態に陥らないためには、返済のためのキャッシングという最初の行為を、決して行わないことが肝心です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.