キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

安易な1本化

キャッシングを何社からも行っている人は、月々の返済が精神的な負担になりがちです。それはキャッシング会社によって、返済日や返済額や返済方法が違うため、自分で状況を掌握できなくなってしまうからです。

そういう人は、1度キャッシングリストを作って、それぞれの会社の返済日や、返済額や、返済方法や、金利や、残りの元金や、元金と金利を含めた残額や完済予定日などを分かりやすく表にすると良いのですが、何社からもキャッシングをしていると、金策に追われてなかなかそんなことをしている余裕が無く、心身共に疲れてしまうのが現状です。Aさんもそんな状態でした。

その時Aさんのその状況に目をつけたあるキャッシング会社が、Aさんにキャッシングの1本化を持ちかけたのです。キャッシングの1本化とは、複数の会社から借り入れしている借金を、1つの会社にまとめることを言います。1本化すればその後の返済先は1社で済みますし、月々の返済額だけで考えれば、支払い分は少なくなるため、Aさんはその提案に飛びつきました。

その提案をした会社は、Aさんの借り入れ総額が会社の基準内だったため、どうせ他社で基準内の借り入れをしているのなら、その分を自分の会社で借りさせた方が儲けになるために、そのような提案をしたのです

けれどAさんのキャッシングを1本化するためには200万円が必要だったのに、その会社はAさんに50万円しか貸付を行いませんでした。
「まず1度で良いから返済実績を積んでからでないと、200万円は貸付できない」
と言うのです。仕方なくAさんは、その50万円の中から、他社の月々の返済分をそれぞれ返済しましたが、残った額では、その内の1社しか完済することができませんでした。

さて翌月、50万円を借り入れしたキャッシング会社に返済後、Aさんが残りの150万円を借り受けたいと申し出ると、その会社は、
「信用状況が変わってしまったので貸付は出来ないが、姉妹会社でなら貸付ができる。姉妹会社だから1本化と変わらない」
と言い出しました。

けれどその姉妹会社では、やはり
「まず1度で良いから返済実績を積んでからでないと、150万円は貸付できない」
と言って50万円しか融資を行いませんでした。

それでもその借り入れで、さらに1社完済することのできたAさんは、借り入れ件数は変わらないわけだし、今後返済実績を積めば1本化のための資金を貸してくれるのだから、楽になるはずだと考えていましたが、実際には生活は苦しくなりました。それは1本化を持ちかけてきた会社の金利が、今まで利用していたキャッシング会社よりもずっと高かったからです。

しかもその会社がAさんにその後融資を行うことはなかったため、結果的にAさんは、ただ単に金利の高いキャッシング会社に乗り換えただけという形になってしまいました。1本化を持ちかけてくる会社には、充分注意が必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.