キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

取り立てって怖いの?

貸付金の取り立てに関しては、法律で様々な規制があります。

たとえば正当な理由も無く午後9時~午前8時に取り立ての電話や訪問をすることは禁じられていますし、大人数で押しかけることも許されません。またドラマなどでたまに見られる「借金を返せ」などの貼り紙を家のドアなどに貼る行為も違法ですし、取り立てのために勤務先を訪問することも許可されていません

実際に相手に対面した際、あるいは電話などの際も、暴力的な態度を取ったり暴言を吐いたりすることは禁止されていますし、他の金融機関から借りて返済金をつくるよう求めることも違法です。

もし上記に該当するような行為があった場合は、金融庁などにその旨を連絡すれば、金融庁から業者に勧告がいきます。けれどそこまでしなくても、業者に対し、「金融庁に連絡しますよ」と釘を刺すだけでも、通常は萎縮するはずです

ただ相手がヤミ金業者だった場合は、彼らはそもそも法律を守る気がありませんから、上記に該当する行為も、どんどん行います。取り立て面に関しても、ヤミ金は決して利用してはならない業者です。

とはいえ合法なキャッシング会社が法律の範囲内で取り立てをしているといっても、それを怖いと思うかどうかは個人差があります。たとえば午後9時~午前8時の間は取り立てが行われないといっても、それ以外の時間は取り立てをしても良いわけですから、人によっては、息を殺して家の中に潜んでいることもあります。

居留守というものは案外大変なもので、物音を立てるわけにいかないのでトイレに行くのもままならず、また窓を閉め切っておかなければなりませんが、真夏の暑い盛りにエアコンを使うこともできないのです。

電気というものは、留守中にも待機電力が使われるため電気メーターが多少は動いているものですが、家の中で電気を使っている場合は動き方が違うため、いくら暑くてもエアコンなどを使っては居留守がいっぺんでばれてしまうのです。

だとしたら居留守などしなければ良いのですが、返済金がつくれずしかも返済予定も立たない人は、業者に合わせる顔が無いために、居留守を使いがちです。取り立てを怖いと思うかどうかは、返済のメドが立っているかどうかという個人的事情にかかってきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.