キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

元金が確実に減る返済方法を選択する

キャッシング会社で借り入れをすると、借りた金額(元金)に金利をプラスして返済をすることになります。通常は1回で全額返済することはなく、何回かに分けて支払いをすることになりますが、その場合大きく分けて3つのタイプの返済方法があります。

まず元金均等払いですが、これは文字通り毎月の元金が均等の支払い方法です。元金を返済回数で割った(均等分割した)一定額と、その時点で発生している金利(通常は残っている元金×1ヶ月の金利)を足した分を払います。実はこの方法が、一番確実に元金が減ります。元金が減ればかかる金利も少なくて済むため、トータルで考えても金利的に一番お得な方法です。

ただデメリットは、毎月の返済額が変わることです。そのため会社によっては、返済額の確認のための連絡を毎月入れるよう顧客に要求することもあり、その点は非常にわずらわしいと言えるでしょう。確認の電話を要求されないにしても、毎月返済額が変わっては管理をするのが大変です。

ただ変わるといっても、毎月確実に元金の残高が減るために、かかる金利も少なくなるわけですから、毎月支払い額が減っていき、返済すればする程、楽になります。ただ逆に言えば、返済当初の返済額は高額なので、捻出するのに苦労するかも知れません。

元金均等払いと対照的に毎月の返済額が同じなのが、元利均等払いとリボルビング払いです。まず元利均等払いですが、これは元金と金利を毎月同じ返済額で返済していくという方法で、返済の初め頃は返済額の中で金利の占める割合が高く、返済の終わり頃に、元金の占める割合が高くなるという特徴があります。

毎月一定額を払えば良いので分かりやすいですが、返済の初め頃はなかなか元金が減りません。そのため返済額をトータルすると、同じパーセンテージの金利でも、元金均等払いと比べると支払うべき金利が高くなり、金利的には損です。

次にリボルビング払いについてですが、これは借り入れ残高に関係なく毎月の支払い額が一定の支払い方法のため、追加融資を受けても返済額が変わらず負担を感じにくいですが、その分一番元金が減り辛いです。そうはいっても低額キャッシングの場合はさほど損はしませんが、借入額が高くなればなる程、元金がなかなか減らずに損をします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.