キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

必要な額だけ借りる

たとえば5万円キャッシングをしようと思って申し込んだのに、10万円の借入限度額を示された場合に、せっかく10万円の限度額が出ているなら借りなければ損だとか、想定している以外に急な出費があるかも知れないから、それに備えて借りておこうとか、お金はあって困るものではないからと、10万円借りてしまう人がいますが、これは大変損をしています。

何故なら、金利は利用者が借り入れた金額(元金)を元に算出するので、元金が高ければ高い程、キャッシング会社に請求される金利は増えるからです。また元金が高ければ、返済期間も長引きがちですが、そうすると元金の利用日数が増えてしまうため、金利を請求される期間も長引いてしまい、トータルで払支払わなければならない金利が増えてしまうからです。

そもそも、せっかくこれだけの借り入れ限度額が出ているのなら、借りてもらわなければ損だというのは、キャッシング会社の立場の考え方です。キャッシング会社としては、他の金融機関から貸付を受けている分もあるとはいえ、キャッシングさせるだけの金額を持っているのですから、そのお金を遊ばせておくくらいなら、金利を払ってくれる人に貸付をした方が得なのです。

しかも他の金融機関から借り入れている分は、キャッシング会社もその金融機関に金利を払っているわけですから、金融機関に取られる金利よりも高い率の金利を払ってくれる利用者にどんどん貸していかなければ、キャッシング会社は元が取れないのです。

とはいえ急な出費に備えたいという考えも分からないではないですが、大抵のキャッシング会社はスピード融資をウリにしていますし、また新規ではなく追加申し込みの場合は、それほど審査に時間がかかりませんから、想定外の支出が生じた時は、その時に借りれば済むことです。

そうしないで初めから多目の金額を借りていては、高額の元金に対する金利がすぐに発生してしまいますので、金利的に損をします。それよりも必要な時に必要なだけ借りた方が、トータルでの借入金は同じでも、金利面で得になります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.