キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クレジット・信販(くれじっと・しんぱん)

クレジットとは直訳すると「信用」という意味ですので、多くの意味がありますが、信販を指すクレジットは信用販売のことです。これは商品を買おうとする人が、代金を後払いしてくれることを信用して、商品を先渡しにする販売方法です。古くから行われる販売方法の1つで、現在の商取引でも重要な地位を占めています。

支払い方法には、基本的に金利のつかない掛売りと、金利のつく割賦販売があります。掛売りとは一般的に翌月一括払いのことを言いますが、たとえば電気代やガス代が、商品が先渡しされる翌月一括払いで、金利がつかないことに似ています。

クレジットの場合も光熱費の場合も、商品を先渡ししたもののまだ代金が支払われていない状態の売り上げを、「売掛金」と呼んでいます。(ただし一般的には、光熱費をクレジットと呼ぶことはありません)

割賦販売は大抵、月賦方式になっていて金利が付きます。金利はクレジット会社や商品の金額によって違います。またそのクレジットカードに、キャッシング機能が付いているものもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.