キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

質屋(しちや)

質草と呼ばれる品物を担保にして、質草を質入した相手に金銭を貸し付けることを仕事にしている人、あるいはその店を質屋と呼びます。これも1つの金融業者です。開業するには所轄公安委員会の許可が必要です。

1950年に定められた質屋営業法によって、質草の流出期限は3ヶ月以上と決められているので、質入してから3ヶ月の間に、借りた金額と金利を返さなければ質草の所有権が質屋に移るため、質屋はそれを売却して利益を得ることができます。これを質流れと呼びます。質屋の金利は最高で日歩10.96銭までです。もし質草が盗品や遺失物だった場合は、その持ち主は無償で返却を要求できます。

質屋の誕生は鎌倉時代と言われていますが、質屋の名称が使われるようになったのは江戸時代からです。その後、太平洋戦争前後まで庶民の金融の代表でしたが、1960年頃に大量生産大量消費の時代が到来して質草の価値が下がったことなどから質屋は衰退し、現在では物品小売業との兼業の形が多いです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.