キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

元金(がんきん)

「もときん」と読む場合もありますが、「もときん」は事業を行うための元手を指す場合が多くまぎらわしいので、「がんきん」の方が好まれて使われる呼び名です。

「元金」は金銭貸借の時の、元の金銭を指します。具体的には実際に借り入れた(キャッシング会社にとっては貸し付けた)金額のことです。返済金額や返済回数は、この「元金」を元に算出して決定します。

また返済の残高は、一般的にこの「元金」の残高のことを指します。それは「元金」の利用日数によって利息が変わるため、キャッシングした金額を完済するためにいくら払えば良いかということが、その後の返済時期や返済方法によって変わってくるため一概に言えないのに対して、「元金」はその時点でいくらかということが確実に言えるからです。

ただし返済中にまたキャッシングをした場合は、キャッシングした金額が残りの残高に加算されるため、「元金」の残高はまた増えます。するとその残高に対して金利が計算されるために、返済金は変動します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.