キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

契約手数料(けいやくてすうりょう)

手数料とは一般的には、他人の求めに応じてした一定の行為の報酬として発生する金銭のことを指します。けれどキャッシングにおける契約手数料は、キャッシングの契約を行いたいと求める利用者に対して行った、キャッシング契約の報酬として発生する金銭のことではありません。それは金銭消費貸借契約で手数料を取るには、法律による規制があるからです。

その規制とは、融資の金利が利息制限法以内であることです。現在はまだ利息制限法以上出資法以内のグレーゾーン金利を設定しているキャッシング会社も多く、そのような会社は、契約手数料を取る権利を持っていません。

また利息制限法以内の利息であっても、金銭消費貸借契約で手数料を取るには、印紙代、抵当権設定料、公正証書作成料などの公的な費用に限って、利息とは別に徴収が許されているため、一般的な手数料の意味する「報酬として発生する金銭」は取ることができません。もし、規制に反した契約手数料を要求された場合は、違法業者である可能性が考えられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.