キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

信用貸し(しんようがし)

貸し主が借り主を信用して、無担保・無保証で金銭や物品などの貸付をすることを指します。これと反対に担保などを取って貸付を行うことは抵当貸しと呼ばれます。

キャッシングを行う場合は、キャッシュ=現金ですので物品を借りることはありませんが、現金の借り入れは原則的に無担保・無保証の信用貸しで行われます。

ただ無担保・無保証とはいっても、考えようによっては、キャッシング会社は借り主の信用を担保として取っているとも言えます。そのため返済金の延滞や信用状況の悪化などが起こった場合は、「借り主への信用」という担保の価値が下がるために、借入限度額を下げられたり、追加融資を断られたり、前倒し完済を促されたり、連帯保証人をつけるよう要求される場合があります。

けれど返済実績を積んでいけば、キャッシング会社が担保として取っている「借り主への信用」が上がるために、借入限度額が上がる場合もあります。そのため信用貸しは、「無担保・無保証」というよりも、利用者への信用度が担保になっていると捉えた方が、理解の幅が広がる用語です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.