キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

連帯保証人(れんたいほしょうにん)

保証人が、主たる債務者と連帯して履行する義務を負う保証債務を、連帯保証債務と呼びますが、連帯保証人は連帯保証債務を負った人のことです。キャッシングは無担保・無保証が原則ですが、申込者の信用状況が悪い場合や、利用者の信用状況が悪化した場合に、利用者と共に連帯保証債務を負う連帯保証人の設定を、求められる場合があります。

連帯保証人を付ける場合は、連帯保証人になる人に連帯保証承諾書に署名捺印をしてもらって、それを貸付業者に提出します。連帯保証人は民法454条に規定される通り、普通の保証人と違って催告や検索の抗弁権が無いため、主たる債務者が1度でも返済を遅らせれば、すぐに連帯保証人に督促が行われます。

ただし契約者の債務が無くなると同時に保障の義務が無くなるため、利用者が追貸しを受ける場合には、連帯保証人の許可が必要になります。また主たる債務者の返済期間中に、連帯保証人が肩代わりした返済分は、その後、主たる債務者に返還を求めることができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.