キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

上限金利(じょうげんきんり)

上限とは上方の限界のことを指します。つまり上限金利とは、一番高い限界の金利のことをいいます。ただし一口に上限金利といっても、そのキャッシング会社の定める上限金利を指す場合もあれば、法律の定める上限金利を指す場合もあります。また法律の定める上限金利を指す場合でも、その法律が出資法を指す場合もあれば、利息制限法を指す場合もあります。

そのため上限金利という用語が出て来た場合は、どれを指しているのか注意が必要です。何故なら利息制限法と出資法では、上限金利が違うからです。多くのキャッシング会社では、出資法の定める上限年率29.2%以内で自社の上限金利を定めていますが、出資法は2009年に消滅するため、それに合わせて利息制限法の定める15~20%の上限年率に合わせて自社の上限金利を変更する動きが起こっています。

そのため現在は、上限金利は注目するべき用語であり概念です。利用中のキャッシング会社の上限金利が変更されたかどうか、いつ変更されるのかは注意が必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.