キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

利用日数(りようにっすう)

キャッシングした元金を利用した日数のことです。たとえば元利金等払いやリボルビング払いの返済方法を行う前提で50万円を借りた場合は、キャッシングをした日から完済した日までの期間が、50万円の利用日数と考えられます。

けれど元金均等払いの場合は、たとえば最初の返済月に元金2万円と金利を返済すれば、元金の残高は48万円になりますので、50万円を利用したのはキャッシング日から最初の返済日までで、最初の返済日以降は48万円を利用したということになります。

キャッシングをした場合の金利は、元金とキャッシング会社の定めた上限金利と、利用日数によって決まりますが、いくらの元金を利用したと見なされるのかは返済方法によって変わってきます。

いずれにしろキャッシングをした日から完済をした日までが、元金の利用日数です。そのため繰り上げ返済を行えば利用日数が短くなるため、払うべき金利のトータルは減ります。従ってどの返済方法を取った場合でも、完済日を早めることが、利用日数を短くすることにつながります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.