キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

在宅確認(ざいたくかくにん)

在宅とは自分の家にいることです。キャッシング会社では住所不定の人間に貸付をしては回収ができなくなる恐れがありますから、申込者が確かに申告した住所に住んでいるかどうかを確認します。それが在宅確認です。具体的にはその住所に書類を郵送したり、あるいは在籍確認同様、申込者が申告した電話番号に電話をかけて確認します。

ただしこれは在籍確認にも言えることですが、その電話番号が本当にその住所のものなのかは分かりませんから、電話をかける前には、電話帳や104サービスで、住所と氏名と電話番号の一致を確認します。また申込者が他社にも借り入れがある場合は、全国信用情報センターに照会すれば住所と電話番号が載っていますし、それはすでに貸付をした他社が調査済みという意味ですので、それらも参考にします。

電話は審査結果の連絡や、連絡事項を伝えるなどの目的でオペレーターが個人名でかける場合が多いですが、用件が無い場合は、在籍確認同様、勧誘電話が装われることもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.