キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

内容証明郵便(ないようしょうめいゆうびん)

郵便物特殊取り扱いの内の1つで、書留の郵便物について行われます。具体的には郵便局が、郵便物の文書の内容を謄本で証明すること、あるいはその制度自体を指します。謄本とは原本の内容を全部謄写して作った文書のことです。つまり内容証明郵便というものは、いつ、誰が、誰に対して、どんな内容の郵便物を郵送したかを、郵便局に証明してもらえるという制度です。

キャッシングの世界で内容証明郵便が送られるのは、大抵、利用者が返済を延滞して連絡がつかなくなった時などです。その場合に、督促状などを内容証明郵便で送って、確かにその日に督促状を送ったという証拠を残すためです。そうすれば利用者は、「そんな手紙は受け取らなかった」などとしらばっくれることができないからです。

とはいえ、しらばっくれたところで延滞の事実は変わらないわけですが、中には「延滞したのは返済を忘れていただけ。督促してくれれば払った。でも督促状が来なかった」などと言い訳をする悪質な利用者がいるため、それを封じるために内容証明郵便の制度が使われます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.