キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

念書(ねんしょ)

後日の証拠として念のために書いて相手に渡しておく書類です。ただし相手に求められて念書をしたため、求めた相手に渡す場合もあります。キャッシング業界ではそのケースの方が多いです。

具体的には、たびたび返済を延滞する利用者などに対して、キャッシング会社が、「今回は返済を待ちますが、その代わり、次にまた同じようなことがあった場合は、連帯保証人をつける旨を念書にして下さい」などと交換条件として用いられたりします。

そもそも返済金は、返済日までに払う前提で契約が交わされているわけですから、キャッシング会社としては、念書の選択肢を利用者に与える法的な義務は無いのですが、だからといって、すぐさま取り立てのための法的手段(たとえば差し押さえなど)に訴えるのは、大げさである上に利用者にも負担がかかりますし、またキャッシングは小口融資であるために、小口の回収のためにいちいち法的手段に訴えるのは、キャッシング会社にとっても得策ではないので、まずは比較的緩やかな行為である念書の請求などが行われるケースが少なくありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.