キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)

「一部」とは全体の中のある部分、一部分のことを意味します。そして「増額」とは金額を増やすこと、または増えること、あるいは増えた金額自体を指します。つまり「一部増額返済」とは月々の返済(全体)の中で、ある一時(一部)、契約で定められた返済金を増やすことを(キャッシング会社の側に立てば、増やされることを)指します。

これは一括返済できる程ではないけれど、臨時収入があった場合などに、債務者が行います。途中で1度でも返済金を増やしておけば、完済が早まって利用日数が減り、金利が得になるからです。ただし債務者が得になるということは債権者が損をするということですが、原則として債務者は約定金額より早く返済する権利を持っています。

返済中、この「一部増額返済」を全く行わずに完済に至る人もいれば、1度だけ行う人もいますし、または何度も行う人もいますが、何度行おうと、その行為は「一部増額返済」と呼ばれます。これは何度も行えば必ずしも得になるというものではありませんが、強いて言えば、早い段階で行った方が得になります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.