キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

元利均等払い(がんりきんとうばらい)

これも返済方法の1つですが、元金均等払いが月々の元金が同じであるのに対して、元利均等払いは月々の返済額が均等です。ただし月々の返済額が同じであっても、元金と金利の占める割合が月ごとに違います。返済の初め頃は金利の占める割合が高く、返済が終わりに近づくにつれて。元金の占める割合が高いという特徴があります。

毎月一定額を払えば良いので、月の返済額を把握しやすく、返済計画も立てやすいのですが、返済の初め頃は、なかなか元金が減らないというデメリットがあります。そのため返済額の総額を見ると、同じパーセンテージの金利だった場合、元金均等払いと比べると、支払い総額が多くなります。

けれど元金均等払いの場合は、月々の返済額をいちいち確認しなければならないというデメリットがあるため、実際にはこちらの返済方法の方が、好まれて利用されています。返済の初め頃に元金充当分が少ないことを解消するには、繰り上げ返済や一部増額返済などを、検討する必要があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.