キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

3K(さんけい)

普通は部屋の間取りか、もしくは「きつい、汚い、危険」の略で、そういった要素のある職業を指す言葉ですが、キャッシングにおいての3Kは、「過剰貸付、高金利、過酷な取立て」を指します。この言葉は、キャッシングや消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた1970年代に誕生して以来、現在にも引き継がれています。

この言葉が生まれた時代背景としては、1973年に起きたオイルショックが原因で、サラ金に生活費を頼る人が増えた中、3Kなサラ金によって苦しめられた庶民が自殺を図るなどして「サラ金地獄」という言葉と共に生まれ、それを問題視した人々が、サラ金撲滅キャンペーンを行うために広めたものですが、当時よりも法定上限金利が下がった今でも、「過剰貸付、高金利、過酷な取立て」を行う業者が存在することにより、「サラ金地獄」から「キャッシング地獄」や「借金地獄」に名を変えたその言葉と共に、現在も使われています。

通常ヤミ金はこの3Kに該当しますが、違法業者でなくても3Kである場合もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.