キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

債務整理(さいむせいり)

借金苦に陥った人が、貸し主と話し合って債務を整理することですが、主に特定調停を債務整理と呼びます。

特定調停とは、簡易裁判所の調停委員会の元で、借り主と貸し主が話し合いで解決を求めることを指します。一般的には、簡易裁判所の調停委員が、借り主と貸し主の間に入って、出資法に基づいて契約されていた借金を、利息制限法に基づいて計算し直し、具体的な分割返済の額と回数を割り出します。

この特定調停を申し立てるには、特定債権者であることが条件です。特定債権者とは、金銭債務があって支払い不能に陥るおそれのある人や、事業の継続に支障をきたさずに返済期間中に返済をすることが難しい人や、債務超過になる可能性のある法人のことです。

特定調停の申立書は、簡易裁判所に書式があるので、申し立ては比較的簡単です。費用は切手と印紙代で数千円程度です。

けれど特定調停は、借り主と貸し主の間で、最終的に返済条件についての合意が必要なので、合意が成立しなければ解決にはなりません。また合意が成立した場合は、給与等の差し押さえが可能な調停証書が作成されてしまいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.