キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

差し押さえ(さしおさえ)

いくつか意味がありますが、キャッシングにおいての「差し押さえ」は、金銭債権についての強制執行の第1段階として、執行機関が、債務者の財産の事実上、または法律上の処分を禁止するためにする強制行為のことです。

分かりやすくいうと、キャッシングの返済を行わずに延滞させていると、キャッシング会社が差し押さえのための法的手段に訴える場合があり、それが認められると、延滞している人は、自分の財産を自由に処分できなくなる、つまり財産の所有権が無くなってしまうということです。

ただし生活保護法や、恩給法や、民事執行法や、国税徴収法などによって、「差し押さえ禁止財産」を定めることができますので、差し押さえをされたからといって、全ての財産が奪われるわけではありません。

差し押さえの方法は、その人の財産の種類によって違いますが、有体動産(物理的に空間の一部を占めて、形をもって存在している財産)の場合は、普通、執行官が封印をして、競売まで元の持ち主である債務者に保管をさせます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.