キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

破産者名簿(はさんしゃめいぼ)

破産した場合、官報に名前が載りますが、それとは別に、破産者の本籍のある市町村発行の破産者名簿にも名前が載ります。それは税務課や国民健康保険課などで必要になるからです。破産をした人は金銭苦に陥っていたわけですから、税金や国民健康保険料などを滞納しているケースが多いため、滞納者が破産者かどうか確認するのに必要だからです。

ただし破産者名簿に載るのは、破産手続きを始めてから免責を受けるまでの間で、免責が確定すれば名前は抹消されます。けれど官報に載った破産者情報は、誰でも見ることができます。また官報に載った破産者情報は、民間情報機関に集積され、金融機関や信販会社に提供されています。

提供を受けた金融機関や信販会社は、通常、破産者から申し込みを受けても契約は行いませんが、悪質な会社は、むしろ破産者にDMをどんどん送ります。破産者名簿や官報に名前が載った時点で、悪質業者からのDMの波に飲まれる可能性は非常に高く、中には免責前に業者からお金を借りてしまって、免責が受けられなくなる人もいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.