キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

貸金業法(かしきんぎょうほう)

貸金業規制法の略です。これは都道府県知事もしくは国の認可を受けた業者に対して課せられた法律であるため、個人がお金の貸し借りをする場合には適用されませんが、認可を受けた業者は守る義務があります。そのため利用者は、自分自身を守るために、業者からキャッシングをする場合は、登録を受けた業者を選んでキャッシングをする必要があります。認可を受けた業者は登録番号を公表しています。

この貸金業法は、改正案が2006年12月に成立して、2009年に施行される予定なので、キャッシングを取り巻く様々な事情が現在変わりつつあります。その1つに法定上限金利の引き下げがありますが、それを受けて、多くのキャッシング会社が審査基準を厳しくしています。今までと比べて金利が取れなくなったので、貸し倒れの危険のある人には貸さずに、優良顧客だけを相手にするためです。

そのため、これまでなら登録業者からキャッシングができた人ができなくなって、ヤミ金を利用するなどの新たな問題も起こっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.