キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

個人情報保護法(こじんじょうほうほごほう)

大きく分けて、行政機関に対して定められているものと、行政機関に限らず、個人情報を取り扱う各種の機関や人を対象としたものの2つがありますが、ここでは後者を説明します。これは個人に関する色々なデータの適正な扱い方を定めた法律で、2003年に成立して、2年の準備期間を経て、全面施行されたものです。

具体的には、本人の意図しない個人情報の不正な流出や、個人情報を扱う事業者が、いい加減なデータ管理を行うようなことがないように、一定数以上の個人情報を取り扱う事業者を対象にした法律です。

そのため顧客数が一定数に達していない業者は、この法律を守る義務が無いため、注意が必要です。たとえば新規で事業を起こしたばかりの街金の場合は、この法律の対象外である可能性があります。

個人情報の取り扱いが一定数以上の場合、この法律は、個人情報の利用目的を本人に明らかにすることや、本人の了承を得て個人情報を取得することや、その情報を常に正確に保つなどの義務を定めています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.