キャッシング

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

準禁治産者(じゅんきんちさんしゃ)

心神耗弱者、あるいは浪費者で、家庭裁判所の審判によって準禁治産の宣告を受けた人のことです。心神耗弱者とは、心神喪失者よりは程度が軽い状態で、意思能力はあるが、精神機能の障害のために、その結果を正しく認識できずに行為をするおそれがある人のことです。神経衰弱やアルコール依存症や老衰などによって、そのような状態になると考えられます。

この「心神耗弱者」は、法律的には「精神上の障害に因り事理を弁識する能力が著しく不十分なる者」と表現されます。ただしそれに当たらなくても、浪費者であると判断されれば、準禁治産の宣告を受ける場合があります。

また準禁治産者という用語は、1999年の成年後見制度導入によって「被保佐人」という呼称に変わりましたが、準禁治産者という用語もまだ使われています。「被保佐人」とは、準禁治産者が一定の行為をする場合には、保佐人の同意が必要になることから生まれた言葉です。保佐人とは準禁治産者に付けられる保護者です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.